イートイン脱税!コンビニは対策万全?逮捕は?罰則は?

社会

スポンサードリンク

先日、有名お笑い芸能人の巨額脱税問題が浮上しましたが、新たな脱税のカタチ「イートイン脱税」なるものが登場。その手口は…簡単ですよね。「持ち帰ります」と言ってイートインスペースで飲食するだけですから(笑)

軽減税率はありがた迷惑?

消費増税から1か月が経過。軽減税率の導入により一部の現場では大混乱しているようです。特にコンビニですよね。持ち帰りを基本としながらも店内で飲食もできるという便利さがかえってあだとなっているよう形になってします。

君はイートイン脱税をする度胸があるか?

「持ち帰ります」と断言して、その足でイートインスペースで飲食をするという芸当。私はできません!でも「イートイン脱税」という言葉が生まれるくらいですから平然とやってのける人がかなりいるんでしょうね。これに応じて登場したのが「正義マン」。要するにイートイン脱税を店員に告げる人のことだ。告げられた店員はどのように対応するのでしょうか?注意して退出させるのか、追徴課税をするのか…?ただでさえ忙しいコンビニ店員さんに余計な仕事が増えてしまったようで気の毒です。注意したら悪態つく人もいるだろうし…。

イートイン脱税対策は?

究極的には一人一人の良心にゆだねるしかないのですが、コンビニの対策は下記の通り。

業界団体の日本フランチャイズチェーン協会に加盟するコンビニ8社は、これまでポスターでの周知を行ってきたが、「イートイン脱税」が問題化していることを受けて、店内放送で申告を促す対策を新たに実施することを決めた。

ドトールコーヒーはこんな感じ。

大手コーヒーチェーンの「ドトールコーヒー」では、店内で持ち帰り用の紙コップを使用したい客に対し、「イートイン」と書かれたシールを貼るなどの対策をしていて、各社対応を迫られている。

出典:https://www3.nhk.or.jp

名古屋市の唐揚げ店ではこんな感じ。

名古屋市中区のから揚げ店では、店内や入り口に商品を食べられるスペースを設け、客の注文時に持ち帰りか店内飲食かを尋ね、それぞれの税率にあわせた代金を請求していました。しかし、持ち帰り用として購入したにもかかわらず店の入り口のベンチに座って食べる客が後を絶たなかったことから、先月中旬以降、ベンチを撤去しました。

「…後を絶たなかった…」って、なんか悲しいですよね…。

 


スポンサードリンク

今のところイートイン脱税で「逮捕」とか「罰則」とかは聞いていません。が、今回の件に限らず「逮捕されないからいいや」とか「罰則ねぇし」という思考は社会をダメにすると思うのですがいかがでしょうか。

 


スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました