アンリム(Unlim)とは?アスリートやチームを金銭的に支援?

話題

スポンサードリンク

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(34=帝拳)が5日、都内で開かれたスポーツギフティングサービス「Unlim(アンリム)」の記者発表会に出席した。

ボクシングの村田諒太さんは知っているけど、「Unlim(アンリム)」って何だ?

アスリートやチームなどを支援する新しい取り組み

応援したいアスリートやチームを金銭的も応援しようという仕組みのようです。ありそうでなかった仕組みですよね。

Unlim(アンリム)ってどういう意味なんだろう?と調べたのですが、たぶんUnlimited(アンリミテッド)つまり、限りなく精一杯アスリートを応援しようということかな?と推測しました。。。

アーティストだったらファンがCDなどを買うことによって応援できますが、アスリートはそうもいかないですよね。

金銭的な課題で競技活動や新たな挑戦が困難なアスリートやチームなどを支援する新たな取り組みで、ファンが「Unlim」を通じてアスリートフラッグ財団にギフティング(寄付)をすると、アスリートやチームに応援ポイントを贈ることができ、財団は贈られた応援ポイントなどを参考に寄付額の67~83%を支援金として支払うという。

貧すれば鈍するのはスポーツ界も同じ

金銭的なかなり恵まれているプロ野球界の里崎さんが協賛アスリートについていることは注目ですね。かなり発信力のある方ですから今後の活動に注目です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロ野球の“常識”を疑え! [ 里崎智也 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/2/5時点)

楽天で購入

 

 

村田は元プロ野球千葉ロッテの里崎智也さんとともに協賛アスリートとして出席。「才能を無駄にしている選手が多い。プロといってもボクシングがアルバイトで、主たる収入源は別の仕事になっている」とボクシング界の現状を説明。村田自身は金メダリストのため、プロ入り後、すぐにスポンサーも付いたが、アマチュア時代は練習のために真冬でも原動機付き自転車で移動した経験があり、「決して裕福ではなく、日本代表になっても使えるお金も限られていた」と振り返り、「そういった状況を打破するためには新たな収益システムが必要だと思った。せめて日本王者になったら他の仕事はしなくていいようにならないと」と訴えた。

村田選手も苦労されているんですね。。。でも、村田選手のように実力を出して結果を残せる人はほんの一握りなんですね…。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

101%のプライド (幻冬舎文庫) [ 村田諒太 ]
価格:660円(税込、送料無料) (2020/2/5時点)

楽天で購入

 

 

アスリートが自ら登録するところから始まる

早速有名なアスリートも名を連ねていますね。

「Unlim」は今月19日からサービスを開始。5日からアスリートの事前登録がスタートする。登録予定のアスリート・チームにはスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅、ラグビーの畠山健介、女子レスリングの中村未優、ボクシングの寺地拳四朗ら個人や、サッカーのFC東京、バスケットボールの千葉ジェッツふなばし、野球の栃木ゴールデンブレーブスなどのチームが名を連ねている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

高梨沙羅 さらなる飛躍 (冬のアスリートたち) [ 師岡亮子 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/2/5時点)

楽天で購入

 

 

集金や公平な分配、運営など課題が続出すると思いますがひとつの仕組みとして定着すればいいですね。


スポンサードリンク

握手会とかサイン会とか企画してもっとアスリートが身近になればいいですね。

 


スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました