マツコの知らない世界で「やわうどん」が紹介される!ってやわうどんって何?

雑学

スポンサードリンク

「うどん」と一口にいってもいろいろな種類がありますが、今度「やわうどん」がマツコ知らない世界で紹介されるそうです。

「やわ」ということは「柔らかいうどん?」と単純に想像してしまいますが…。

一体どんなうどんなのでしょうか?楽しみですね。

やわうどん=伊勢うどん

三重県の伊勢市やその周辺で食すことのできの特徴あるうどんのことでした。ウィキペディアによると以下のように概説されています。

かけうどん(素うどん)のように多量のツユに浸ったものではない。たまり醤油に鰹節やいりこ、昆布等の出汁を加えた、黒く濃厚なつゆ(タレ)を、太い麺に絡めて食べるものが主流。それぞれの店が独特のだしを用いる。太い麺は長時間かけて柔らかくゆで上げられており、具やトッピングが少なく、薬味の刻みネギだけで食べることが多い。
タレはたまり醤油を用いており、色(そばつゆとは別物)は非常に濃く見た目は塩辛そうだが、外見程の塩分はなく概して旨味と甘みが強く、後味がまろやかである。この濃いタレの色は、たまり醤油の色である

伊勢市を中心にたくさんのお店があるようです。Googleマップで検索すると…↓

残念ながら食べたことはありません。柔らかいのにもちもちとしてコシあるとか。いつか伊勢神宮のお参りに行きたいと思っていますので、その時にはぜひ食べてみたいうどんです。

うどんのお店と言えば丸亀製麺

全国的に展開されている「丸亀製麺」。近所にあるので時々食べに行きます。かなり昔、仕事でよく香川にいっていたので本場の讃岐うどんをよく食べていました。食べるというより「飲む」に近かったような記憶があります。

息子が丸亀製麺でアルバイトをしているのですが、「うどんは丸亀製麺以外は食えねぇ」とか生意気なことを言っていましたが(笑)

最近はまったのは富士吉田のうどん

山梨県の富士吉田市にも名物のうどんがあります。これはやわうどんとは対極的な食感です。とにかく歯ごたえが半端なく弾力的。私の好みです。昨年、富士吉田うどん店のスタンプラリーが開催されていましたが、登録されているお店だけでも確か50店舗以上ありました。5店舗ほど食べ歩きましたが、麺の硬さはどこも共通でだしとかトッピングがそれぞれ特徴出来でした。そして、何よりもどこもリーズナブルなお値段だったのがうれしかったです。


スポンサードリンク

そういえば、学生のころよく食べた、リンガーハットの皿うどん。ベビースターのような揚げ麺に八宝菜のようなトロトロの具をかけて食べるやつ…あれはうどんなのか?


スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました